民間の学校でも医療教育を

医療の教育は専門の学校に行かないと学べないものだと思っていませんか?実は民間の学校でも十分基本を学ぶことができるのです。
その教育方法とはいったいどのようなものなのでしょう?

例えば、最近では心臓疾患により街で突然心不全などの病で倒れてしまう人も少なくありません。そんなときに民間で習った蘇生術を使えばいいのです。民間教育では基本的なものでも、知識があるのでうろたえずに落ち着いて救急隊が来るまでの応急処置を行うことができるのです。また最近ではAEDを設置している店なども多くなりました。このAED、心肺停止になった人に有効な救急蘇生法として今注目を浴びています。使い方はAED自身が指示してくれます。最近ではこういったAEDの使い方などの教育も盛んになっています。
民間での医療教育はここまで進んでいるのです。あなたも受けた経験はありませんか?

専門教育を受けている方はどうでしょうか?例えば将来の医師を目指して勉強中の方は、実践がものをいいます。看護師も同様、実践教育を受けて、初めて1人前になるのです。それは決してたやすいことではありませんが、より患者の目線に立った仕事が将来できるのではないでしょうか。

医療教育は、とても奥が深いものといえましょう。学校で学んだことが、いつかあなたも実際に目の当たりにし、実践を試みるときがやってくるかもしれません。決して焦らないことが大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です